イルカと泳ぐ

ドルフィンスイムのルール

イルカにストレスを与えないように、ドルフィンスイムに決まりを設けている場所もあります。

一般的にどんなルールがあるのか、一つずつあげていきたいと思います。

 

1、イルカに触らない。

―イルカと人はコミュニケーション方法が違います。当然といえば当然ですよね。

2、イルカの自然な行動を妨げない。(休息や捕食を邪魔したりしつこく追いかけたりなど)

―これも当然です。私たちはイルカの住む世界を覗かせてもらうのですから。

3、人口音が鳴る物は持ち込まない。(ホイッスルや水中スクーターなど)

―イルカのエコーロケーション(生活をするうえでイルカ自身が出す音)を妨げ、大変なストレスを与えてしまいます。

4、写真撮影の時はフラッシュをたかない。

―イルカがびっくりしてしまいますし、写真に浮遊物が写りこんでしまったりと良いことは何ひとつありません。

5、餌付けをしない。

―生態系を壊してしまいます。

 

場所によっては更に厳しくローカルルールを定めている地域もあるでしょう。

ドルフィンスイムを考えている方は、イルカを一番に想うようなシュノーケリングをイメージする必要がありますね。

関連記事

  1. マスククリア
  2. ドルフィンスイム
  3. 伊豆シュノーケリングで見られる魚7~9
  4. 田牛
  5. 野生のイルカと泳げるスポット
  6. シュノーケリングかスノーケリングか?
  7. 水面で起こる危険な潮流 ~離岸流~
  8. スノーケリング 習う シュノーケリングの技術
PAGE TOP