シュノーケリング用品

マスク

マスクは水中メガネとも呼ばれます。
正確に言うと、ゴーグルとは呼びません。

シュノーケリングで使用するマスクに絶対必要な条件は、マスクの中に鼻が入るものです。
マスクは”ゴーグル”と呼ぶ人もいらっしゃいますが、マスクとゴーグルの違いは、鼻が入るか出るかの違いです。
スキーやスノーボードをされる方ならおわかりかと思いますが、ゴーグルは中に鼻が入りません。
それに対し、スノーケルで使うマスクは、マスクの中に鼻が収まります。

例えば、スイミングで使うゴーグルもスノーケリングに使えなくも無いのですが、潜ることを考えるとゴーグルは不向きなのです。

マスクは大きく分けると形状による違いと、材質による違いがあります。

○形状による違い
一眼と二眼に分かれます。

☆一眼のマスク

マスク

☆二眼のマスク

 

○材質による違い

顔に当たる部分がゴムのものと、シリコンのものが有ります。

○近視、老眼に対応する度付きマスクも有ります。

○有ると便利なストラップカバー

ストラップカバー

髪の毛の長い女性などは、ストラップカバーがあると髪の毛がひっかからずにマスクの装着が出来ます。

便利グッツですよ。

関連記事

  1. フィンについて
  2. グローブ
  3. 忘れ物チェックリスト
  4. シュノーケル
  5. フィン
  6. ウェットスーツ
  7. シュノーケリングの補助器材
  8. ブーツ
PAGE TOP